SSブログ

ドクターカーの意味とは?救急車とは違う!日本ではいつ導入した?


剛力彩芽さん主演で4月7日からスタートしたドラマ『ドクターカー』。

タイトルにもなっている『ドクターカー』の意味ってなんだと思いますか?

実は救急車とは違うのです!

今回はそんなドクターカーの意味や、日本にはいつからあるのか調べてみました!




.
【スポンサードリンク】





2016年の春ドラマとして7日から放送開始した

ドラマ『ドクターカー』(木曜23:59~)


主演の剛力彩芽さんはシングルマザーの新人医師・天童一花を演じます。

そんな天童一花と敵対する中村俊介さん演じる朝城勇介。

物語はこの二人の衝突を軸に進みます。



このドラマのタイトルにもなっているドクターカー、

どんなものを想像しますか?

実は救急車とは異なるのです。



ドクターカーの意味とは?



ドクターカーは救急車とは役割が異なるのです。


救急車は病院等に患者を搬送し、病院で医師が治療を施しますよね。

それに対し、ドクターカーは医師や看護師が現場に向かう車なのです。


もともと、救急車では治療を施すまでに時間がかかり、

救命率の低下に繋がっていました。

道路状況や患者を受け入れられる病院の場所に左右もされますしね。


そこで、治療を施すまでの時間を短縮することで導入されたのがドクターカーなのです。



日本ではいつ導入された?



実はドクターカーが導入されたのは1979年(昭和54)で、

最初は兵庫県の消防局と病院が協力して始めました。


今から37年前に導入されたドクターカーですが、


始めは費用がかかりあまり普及はしていませんでした。


しかし、2008年に法律が改正され、

既存の救急者だけではなく、マイクロバスや一般乗用車のようなものも

ドクターカーとして使用できることになったのです。



そして今回、ドクターカーがドラマの題材として取り扱われています。

この機会に多くの人にドクターカーの存在を知ってほしいですね^^



【スポンサードリンク】





まとめ


救急車は患者を病院に搬送するものですが、

治療を施すまでの時間を短縮するため1979年から導入されたのが

医師や看護師を運ぶドクターカーでした。



それではここまで見ていただいた方、ありがとうございました!



【スポンサードリンク】






.






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます